商品・サービス内容について

東京海上日動では、海外旅行保険をご契約いただいたお客様が、安心して海外旅行をお楽しみいただけるよう、海外において日本語でご相談に応じることができる各種サービスをご用意しております。
各種サービスの詳細については、こちら別窓で開きます。あるいは保険証券、保険契約証または被保険者証とともにお渡しする「海外旅行保険あんしんガイドブック」をご確認ください。

東京海上日動海外総合サポートデスク

保険金のご請求方法に関するご相談や、最寄りの病院のご案内・ご紹介、キャッシュレス・メディカル・サービスのご案内等について、担当スタッフが24時間年中無休で日本語で対応しております。

  • ※ご契約いただいた海外旅行保険でお支払いの対象とならない費用、保険金額を超過する部分については、お客様の自己負担となります。

キャッシュレス・メディカル・サービス

ご旅行中の病気やケガの治療費を、東京海上日動から病院へ直接お支払いすることで、その場で自己負担することなく(キャッシュレス)治療が受けられるサービスです。
保険証券、保険契約証または被保険者証をお持ちのお客様が対象となります。

  • ※治療費用について保険金をお支払いできる場合にご利用いただけます。また、保険金額または限度額を超過する部分については、お客様の自己負担となります。

スーツケース修理サービス

事故により破損したお客様のスーツケースの修理を、東京海上日動指定の修理会社にご依頼いただくことで、修理費(保険金)を修理会社に東京海上日動が直接お支払いするサービスです。
宅配での修理のご依頼やお受け取りが可能なため、直接店舗に出向いて修理を依頼されたり、修理費をお立て替えいただく手間がありません。

  • ※スーツケース修理サービスの提供は日本国内に限ります。
  • ※携行品損害または留学生生活用動産損害のいずれかがセットされている契約で保険金のお支払対象となる場合にご利用いただけます。
  • ※修理が不可能な場合には東京海上日動よりお客様にその旨ご連絡します。
  • ※免責金額(自己負担額)が設定されているご契約の場合には、ご利用いただけません。
  • ※航空会社からの補償金、修理費用等を受領した場合は、ご利用いただけません。
  • ※一部のブランドについては、ご利用いただけない場合があります。

トラベルプロテクト

お電話による通訳やパスポートおよびクレジットカードを紛失・盗難された場合のサポート等、ケガや病気の有無にかかわらずご利用いただけるサービスです。

  • ※契約タイプでご契約され、保険証券、保険契約証または被保険者証のいずれかをお持ちいただいているお客様が対象になります。なお、予約・手配等にかかわる手数料は無料ですが、送迎代、航空運賃、宿泊施設客室料等の実費はお客様のご負担となります。
  • ※サービス内容は予告なく変更される場合があります。

こころのカウンセリングサービス

東京海上グループの東京海上日動メディカルサービスに所属する臨床心理士が、プライバシーを守りながら、お電話およびメールにて相談に応じます。

  • ※保険期間が3か月超のご契約(除く、「包括契約に関する特約」がセットされている場合)または「企業等の包括契約に関する特約」をセットされているご契約の保険の対象となる方および帯同されるご家族を対象としております。
  • ※ご出国前およびご帰国後の日本からの利用はできません。
  • ※電話カウンセリングについては、保険期間中かつ毎年12月1日から翌年11月30日までの間に1人5回までとさせていただきます。また、地域や内容によりご要望に沿えない場合があります。

東京海上日動のネット契約では、6か月までとなっておりますが、店頭(対面)もしくは当社取扱のジェイアイ傷害火災の「たびほ」では1年まで取り扱っております。

海外旅行保険は、海外旅行(留学・海外赴任等を含む)の目的を持って日本の住居を出発してから日本の住居に帰着するまでの期間(ご旅行期間)に合わせて保険期間を設定し、ご契約いただく保険となっています。したがいまして、日本出国前までにお申込み手続きをしていただく必要がございますので、基本的に出国後にはご契約いただけません。

主契約である「海外旅行保険」に「旅行変更費用担保特約」をセットすることで、所定の条件を満たす場合のキャンセル費用を補償することが可能です。

なお、ご旅行が旅行会社の企画旅行の場合で、旅行会社の判断(出国規制等のやむを得ない事情等に起因)により旅行が取りやめになったため、そもそも旅行契約に関するキャンセル費用がかからなかったような場合は、補償の対象となりませんのでご注意ください。

1.「クレジットカードにセットされている海外旅行保険」の他に、クレジットカード上乗せの任意保険として一般の「海外旅行保険」にご契約されている場合

傷害死亡保険金、傷害後遺障害保険金については両方から保険金をお支払いいたしますが、その他の保険金(治療費用、携行品損害、賠償責任等)については両方を合わせて、実際の費用や損害額が、お支払いの限度となります。

2.「海外旅行保険」がセットされた複数のクレジットカードを所有されている場合

傷害死亡保険金、傷害後遺障害保険金については法人カードとその他のカード別に、それぞれのカードにセットされている海外旅行保険契約のうち最も高い金額が、合計でのお支払い額となります。その他の保険金(治療費用、携行品損害、賠償責任等)については上記1.と同様です。

別の目的地が戦争状態等保険金をお支払いできないことが約款に規定された状態である場合を除いて、ご契約の保険期間内であれば補償対象となります。

365日24時間対応の専用ダイヤル「東京海上日動海外総合サポートデスク」がございます。保険金のご請求方法に関する相談や、最寄りの病院の案内・紹介、キャッシュレス・メディカル・サービスの案内、最寄りのクレームエージェントの案内等について、担当スタッフが日本語で対応しております。各国からのサポートデスクへの連絡方法は、ご旅行時に携帯いただく「海外旅行保険あんしんガイドブック」をご確認ください。

携行品損害担保特約では、5万円を限度として、現地でパスポ-トを新たに取得する費用やそれに伴う交通費・宿泊費を保険金としてお支払いいたします。なお、パスポ-トを「盗難」ではなく、置き忘れまたは紛失(置き忘れまたは紛失後の盗難を含みます。)されたことによる損害については、保険金お支払いの対象となりません。

海外旅行保険では、戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似する事変は「戦争危険」に該当し、これらを原因とする損害については、保険金のお支払い対象とはなりません。
ただし、テロ行為(政治的、社会的、宗教的もしくは思想的な主義もしくは主張を有する団体もしくは個人またはこれと連帯するものがその主義または主張に関して行う暴力的行動をいいます。)を原因とする損害については、海外旅行保険の全契約に「テロを補償する特約(戦争危険等免責に関する一部修正特約)」が自動的にセット(割増保険料は不要)されていますので、保険金お支払いの対象となります。

トラベルプロテクトとは、東京海上日動の海外旅行保険にセットされているサービスのことで、ケガや病気の有無にかかわらず、海外旅行中いつでも電話1本でご利用いただけます。
なお、トラベルプロテクトは契約タイプでご契約され、保険証券、保険契約証または被保険者証のいずれかをお持ちいただいているお客様が対象となります。

詳細は下記をご確認ください。

トラベルプロテクト

クレジットカードにセットされている海外旅行保険等は、クレジットカード会社がお客様へのサービスとして提供しているものです。誠に申し訳ございませんが、お持ちのクレジットカードにセットされている海外旅行保険等の内容は、クレジットカード会社へ直接お問い合わせください。

海外旅行保険につきましては、観光や商用等の目的をもって日本の住居を出発してから日本の住居に帰着するまでのご旅行期間にあわせて保険期間を設定し、ご契約いただくこととなっております。したがいまして、途中で他国(香港)に滞在(ご旅行)なさる場合につきましても、保険期間内であれば補償の対象となります。

海外旅行保険の携行品損害においては、公安上の理由により、スーツケースに錠を掛けなかった場合で、スーツケースの中の荷物が盗難に遭ったとき、およびスーツケースに錠を掛けていた場合で、エックス線検査で疑念を持たれ、安全確認検査等の目的で錠を壊されたときには、その損害は携行品損害担保特約にて補償の対象となります。

治療・救援費用担保特約では、スノーボード中のおケガは補償の対象となります。また、携行品損害担保特約では、スノーボード用品の盗難・破損も補償の対象となります。※スノーボード以外のスポーツ用品につきましては、補償の対象とならないものもございます。詳細は、下記をご確認ください。

保険金をお支払いする主な場合等別窓で開きます。

海外旅行保険において、海外からご帰国される際に、航空機の遅延により国内線乗り継ぎ便に乗り遅れた場合につきましては、「偶然事故対応費用担保特約」の補償の対象となります(ただし、保険の対象となる方が搭乗している航空機が運行時刻の定められていないものである場合は補償の対象とはなりません。また払い戻しを受けられた費用もしくは負担を予定されていた費用は除きます。)。保険金を請求される際には、保険金請求書のほか、以下の書類が必要となります。

(1)交通費や宿泊費等かかった費用の領収書

(2)公的機関、交通機関、旅行会社等による事故発生の証明書(書類の形態は問いません。)

お客様が乗客として乗っているまたは乗る予定の航空機の遅延または欠航・運休の場合、保険期間は72時間を限度として自動的に延長されます(特段のお手続きは不要です。)。72時間を超えてなお保険期間の延長が必要な場合は、ご契約の取扱代理店を通じ保険期間延長のお手続きを実施願います。

ご契約・変更手続きについて

ご旅行前の保険契約の取り消しにつきましては、ご契約いただきました代理店または営業店にご相談いただくことになります(インターネット保険契約サービスでご契約いただいたお客様も同様です。)。

営業店:東京海上日動 船橋支社 047-411-1131
代理店:クリエイトジャパン 047-422-6110

お手数ですが、ご契約いただきました代理店または営業店にお申し出ください。

営業店:東京海上日動・船橋支社 047-411-1131
代理店:クリエイトジャパン 047-422-6110

お申込手続きにつきましては出発日の前日でも可能ですが、キャッシュレス・メディカル・サービス(治療費を東京海上日動から病院へ直接お支払いすることで、その場で自己負担することなく(キャッシュレス)治療が受けられるサービス)を受けるためには保険証券、保険契約証または被保険者証をご持参いただく必要があります。なお、保険証券、保険契約証または被保険者証をお渡しするまでにはお時間がかかる場合がありますので、お早めにお申込みをお願いします(インターネット保険契約サービスでのお申込みの場合は7日ほどかかります。)。 また、保険カウンターや自動引受機(Vending Machine)を設置している空港では、出発日当日に申込みし、その場で保険契約証をお渡しする方法もございます。ただし、空港でお申込みいただく場合は、自宅から空港(契約時点)までの間の事故は補償されませんのでご注意ください。

海外旅行保険では、帰国予定日が決まっていない場合、原則としてお引受けできません。なお、出発後やむを得ず帰国日が延びた場合には、保険期間が終了する前に日本のご家族や知人等を通じて、お申込みの代理店または営業店にご相談いただくこととなります。

お問い合わせ先

保険に関するご意見・ご相談は 0120-868-110
取扱代理店 クリエイトジャパン 047-422-6110
担当営業店 東京海上日動・船橋支社 047-411-1131

365日24時間対応の専用ダイヤル「東京海上日動海外総合サポートデスク」がございます。保険金のご請求方法に関する相談や、最寄りの病院の案内・紹介、キャッシュレス・メディカル・サービスの案内、最寄りのクレームエージェントの案内等について、担当スタッフが日本語で対応しております。各国からのサポートデスクへの連絡方法は、ご旅行時に携帯いただく「海外旅行保険あんしんガイドブック」をご確認ください。

携行品損害担保特約では、5万円を限度として、現地でパスポ-トを新たに取得する費用やそれに伴う交通費・宿泊費を保険金としてお支払いいたします。なお、パスポ-トを「盗難」ではなく、置き忘れまたは紛失(置き忘れまたは紛失後の盗難を含みます。)されたことによる損害については、保険金お支払いの対象となりません。

海外旅行保険では、戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似する事変は「戦争危険」に該当し、これらを原因とする損害については、保険金のお支払い対象とはなりません。
ただし、テロ行為(政治的、社会的、宗教的もしくは思想的な主義もしくは主張を有する団体もしくは個人またはこれと連帯するものがその主義または主張に関して行う暴力的行動をいいます。)を原因とする損害については、海外旅行保険の全契約に「テロを補償する特約(戦争危険等免責に関する一部修正特約)」が自動的にセット(割増保険料は不要)されていますので、保険金お支払いの対象となります。

トラベルプロテクトとは、東京海上日動の海外旅行保険にセットされているサービスのことで、ケガや病気の有無にかかわらず、海外旅行中いつでも電話1本でご利用いただけます。
なお、トラベルプロテクトは契約タイプでご契約され、保険証券、保険契約証または被保険者証のいずれかをお持ちいただいているお客様が対象となります。

詳細は下記をご確認ください。

トラベルプロテクト

クレジットカードにセットされている海外旅行保険等は、クレジットカード会社がお客様へのサービスとして提供しているものです。誠に申し訳ございませんが、お持ちのクレジットカードにセットされている海外旅行保険等の内容は、クレジットカード会社へ直接お問い合わせください。

海外旅行保険につきましては、観光や商用等の目的をもって日本の住居を出発してから日本の住居に帰着するまでのご旅行期間にあわせて保険期間を設定し、ご契約いただくこととなっております。したがいまして、途中で他国(香港)に滞在(ご旅行)なさる場合につきましても、保険期間内であれば補償の対象となります。

海外旅行保険の携行品損害においては、公安上の理由により、スーツケースに錠を掛けなかった場合で、スーツケースの中の荷物が盗難に遭ったとき、およびスーツケースに錠を掛けていた場合で、エックス線検査で疑念を持たれ、安全確認検査等の目的で錠を壊されたときには、その損害は携行品損害担保特約にて補償の対象となります。

治療・救援費用担保特約では、スノーボード中のおケガは補償の対象となります。また、携行品損害担保特約では、スノーボード用品の盗難・破損も補償の対象となります。※スノーボード以外のスポーツ用品につきましては、補償の対象とならないものもございます。詳細は、下記をご確認ください。

保険金をお支払いする主な場合等別窓で開きます。

海外旅行保険において、海外からご帰国される際に、航空機の遅延により国内線乗り継ぎ便に乗り遅れた場合につきましては、「偶然事故対応費用担保特約」の補償の対象となります(ただし、保険の対象となる方が搭乗している航空機が運行時刻の定められていないものである場合は補償の対象とはなりません。また払い戻しを受けられた費用もしくは負担を予定されていた費用は除きます。)。保険金を請求される際には、保険金請求書のほか、以下の書類が必要となります。

(1)交通費や宿泊費等かかった費用の領収書

(2)公的機関、交通機関、旅行会社等による事故発生の証明書(書類の形態は問いません。)

お客様が乗客として乗っているまたは乗る予定の航空機の遅延または欠航・運休の場合、保険期間は72時間を限度として自動的に延長されます(特段のお手続きは不要です。)。72時間を超えてなお保険期間の延長が必要な場合は、ご契約の取扱代理店を通じ保険期間延長のお手続きを実施願います。


保険に関するお問い合わせ

東京海上日動カスタマーセンター

0120-868-100

<受付時間>
9:00~20:00(平日) 9:00~18:00(土日祝)
(年末年始は除く)


保険に関するお問い合わせ

東京海上日動
カスタマーセンター

0120-868-100

<受付時間>
9:00~20:00(平日)
9:00~18:00(土日祝)
(年末年始は除く)